Menu
今日は、
→図書館→実家→帰宅、
というスケジュールを頭の中にたて、家を出発しました。
明日は町内会で大掛かりな除雪が入る為、
実家に車を預かってもらうことにしたためです。


しかし…
…車で走っているうちに『図書館』がスッポリ抜けてしまった
まぁ…いっか、実家に寄ったあとに行こう、そう心を切り替えて実家へ。
実家にはちょうど父がいて、
ありがたいことに図書館まで送ってくれました。

図書館の横に着いたら車がずらっとならんで…
駐車場…激混み
『だから先に実家に導かれたのか?』と、納得
こんなに混雑していたら、はじめに図書館に来ていたら、
かなり時間をロスしただろうなぁ、と想像した。


そして、送ってもらう父の車の中では
『そこにバス停があるからそれで駅前までいけばいいね』、と父に言われて、
バス停の存在を思い出させてもらった。
そうだ、電停まで歩くことないじゃん。
バスに乗ることが滅多にないから、バスの存在が頭からスッポリ抜けていた


本を返し、図書館の中をぶらぶらした。
まぁ、別に借りる本決めてないし帰ろう。

外に出て、右から行こうか、
それとも左から行こうか考えた。
バスが来るタイミンクはもしかして案外シビアな気がするな、と思った。
まぁ、でも左から行こう、と決めた。

おもしろいことに…バスは来て、
目の前で行ってしまった

『ありゃ?、…まぁ次のバスでも待とう』
そう思いなおしバス停でバスを待つことにした。


と、その時、目の前に一台の車が止まった。

先日の農業セミナーで同じ班になって意見交換したかただった。
『なんだか見たことのある人がいる?て思った?。
どこにいくのよかったらおくっていきますか
聞くとちょうどその方は同じような方面に向かう途中だった。

…私は、この時まさに息をのんだ。
なんてグレートな。

こうして、お金を使わずして家に戻ることができた。
そうして、いまブログを書いている次第です。

いや?、一連の繋がり、おもしろいなぁ?。


物事はいつも自分にとって最高最善、という考え方を
シータヒーリングのセミナーで学んできた。
本当にこの考え方は大変な時もあるけれど、かなりいい感じだ。





スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する