Menu
120630_1425~01
6月30日土曜日。
大沼国際セミナーハウスの森にて開催された
ふたこわたるさんの
「 「大沼の大自然の中で インディアンの文化から学ぶ 地球の美しさ」 に
参加してきました。
約2年ぶりにお会いするふたこさん^^
大変お元気そうで、そしてとても素敵でした

最初に、気をつける動・植物について、森のベースラインについて
簡単な注意事項を聞いた後、
早速外へ出ました。

ワイドアングルビジョンという見方を習い、
歩き方を習い、
いざ森の中へ。

ゆっくり一歩一歩歩いて行きました。

参加者は
大人9人
子供2人、でした。
大人だけでは発生しなかった「無邪気さ」が
私たちを包みました。

120630_1442~01
森の中で、かくれんぼをしました。
ただ「かくれる」のではなくある「条件の下」隠れました。
「ビンゴコース」という看板がみえるようにかくれる、という条件。
どんなところに隠れてもいいのですが、
どんな態勢でもいいのですが、
「ビンゴコース」という看板が見える状態であること、が条件。

隠れる方、探す方、交代します。

隠れるほうは、
隠れているのですが、いつの間にか
獲物を狙っているかのような錯覚になったりします

探すときは、本当に「こんなところに誰かが隠れているのだろうか」と思います。

このかくれんぼをした後は、感覚が鋭く?というか
森の中で必要な感覚が刺激される感じを覚えます。



2日目。
「地球に幸せをひろめるイベントの作り方」
こちらは私を入れて参加者5人でした。
会場はまちセン。
120701_1620~01
写真がふたこさん。
イカの絵はラニカイさん。

自分がイベントをするとしたら、なにが出来るだろう?
そしてそのイベントというものが幸せをひろめるものであること。

私たちはまず最初に
「さて、何のイベントをやろうか?」と
イベントから考えがちですが、
今回のワークショップでは

・あなたが輝いていた時代何をやっていたか、
 何をしていた時、あなたは輝いているか、
 を最初に洗い出しました。

それから

・自分あてにイベント開催後にお礼状が来たとして、
 どんなお礼状が来たら最高に嬉しいか?
 自分宛に書いてみる

・それをもとにイベントを考えてみる

と、逆算してみました。


目から鱗

これを練習しながらイベントを組み立てるようにしたら、
きっと納得のいくものがたてられるようになる、て思いますーーー。


うはーーー、やっぱり、ふたこさん素晴らしい




最後に。
森で思わず拾った鳥の羽。
何者かに食べられたのだろう鳥さんの羽。
ちょっと迷ったのだけれど、
あんまりにもきれいな模様で拾わせてもらいました。
なんの鳥だろう。
120701_0827~01











現在の閲覧者数:










スポンサーサイト

Comment

Re: No title

ふたこさま

コメントありがとうございました。
タイトル!うっかりしていました^^;

本当にとても密度の濃い時間で、
あっという間に2日間が過ぎてゆきました。
そしてとてもアットホームなワークショップ&セミナーでした。
ふたこさんのお人柄ですね^^

  • フローライト☆ #- - URL
  • 2012/07/22 (Sun) 22:06
No title

先日は大変お世話になりました。
おかげさまで両セミナー、あるいはその前後の懇親会も含めて、とっても豊かな時間をいただきました。

また、すてきな感想をありがとうございました。
(この記事、タイトルがないようなのでリンクが張れないみたい)

あの不思議な羽は、キツツキ系(たぶんアカゲラ)のもののようです。きれいでしたね。

またお会いする機会を楽しみにしています。

  • ふたこわたる #- - URL
  • 2012/07/22 (Sun) 21:59

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する