Menu
この2年ほど、漬けていなかった「梅干し」
今年は漬けてみました。

・・・。

いつも、過程をアップしようと思うのに、
いざ、作業に入ると、
集中しちゃって、すっかり忘れてしまう。。。。

今年も、忘れましたよ、はい

出来上がりはこちらです

梅干し2014

手始めに、2kg。

いつも、一晩水に漬けてアク抜きしてたんですが、
なんか違ったみたいで
水洗いするだけで良いみたい。

漬ける容器と重石をアルコール消毒。
(熱湯消毒がポピュラー)

塩を用意。
梅の重さの15~20%の分量を用意する。
20%だと、「すっぱ~~~~い」梅干しになります。
昔、母から聞いたところによると、
塩分15%以下だと、カビが出やすくなるそう。

なので、私は酸っぱくなりすぎないくらいでいいや、と15%にしています。

その後、なり口のヘタをつまようじで取り除き、
水分をしっかり拭いていく。

容器に塩を振り入れ、
その上に梅を並べながら
梅・・・、と積んでゆきます。

最後に塩を振って終わり。

その上から落し蓋やお皿をのせ、
その上から梅の2倍ほどの重石をのせる。

新聞紙などで蓋をして完成。

あとは、最初に梅酢があがってから、
重石を半分くらいの重さにして、
その後、シソ(下ごしらえしてから)を入れ、
天気の良い日を見計らって天日干しして、完成です。

梅干しづくりは初心者でも安心。
しっかり消毒して作ればカビもでません。

もしカビが浮かんでしまったときは、
梅酢から一度梅を取り出して、
梅酢を鍋で沸騰させ、
冷ましてからもう一度梅を漬け直します。

この時、傷んだ梅がある時は取り除きます。
(大抵、最初の梅酢が上がるとき)

そうして、通常の工程に戻ります。

梅の時期、ぜひチャレンジしてみてください






現在の閲覧者数:












スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する