Menu
久々にmixiを覗いていたら。このような記事を発見。
シェアさせて頂きます^^


私へのラブレター
アセンデッドマスター・エルモリヤのウィークリーメッセージ
3月31日~4月7日
チャネラー:Julie Miller 2015年3月31日
元の記事こちら


今週のメッセージは、
皆さんの率直さと混じりけのない素直な答えを求める質問から始めることにしましょう。


皆さんは今まで乗り越えてきたもの、獲得したもの、
積み重ねて来たものに対し定期的に感謝する習慣がありますか?
友人や家族に愛していると言う時、義務から言っていますが、

それとも本当に深く愛しているのでそう伝えるのですか?
それと同じような愛と敬意を自分にも与えていますか?


時には皆さんも自分を愛することがあるのは知っています。
でもそれは自己批判したり、自らを傷つけるような非難や裁きで
自分をコテンパンにやっつけたりしていない、数少ない場合に限ります。


よく自分にするようなひどいやり方で、他人に接することがありますか?
他人を尊重し、純粋に善良な気持ちで接することができるなら、
自分のことも同じように扱うべきだと思いませんか?

皆さんの欠点を指摘する人に、どれほど寛容でいられますか?
間違いや欠点を指摘されると、多くの人は腹を立てます。
それならばなぜ、そういうことを自分には頻繁に行なうのでしょうか。


今こそもう一度自分に優しく語りかけ、
他の誰かではなく、自分の優れた点に意識を向ける時です。

自らのことを語るのは自慢だと言われて育った人が多いのですが、
それは話の中身によります。
自分の力を認めるのは、自慢や見せびらかしではありません。
それは自分のステキな点をすべて愛しながら、
弱点を優しさと愛とで受け入れることです。

自分がどういう人間なのか知ろうと勇気を出すと、
長い間無視してきた気分の良い状態を思い出すでしょう。
今こそ自分について良い評価をする時です。


自分を愛する小さな練習として提案したいのは、自分に宛てて書く愛の手紙です。
これは皆さんが愛する人へ送るような手紙ではありません。
こんなことを言うと、奇妙な印象を受けたり、
最初は居心地の悪さを感じたりするかもしれませんが、
これは実は自分に与えることのできる最大の癒しの贈り物の一つかもしれません。

書く時に居心地の悪さを感じるのは、
自分に優しい言葉をかけてからずいぶん長い時間が経ってしまっているためで、
だからこそ練習が必要なのです。


愛する魂たちよ、皆さんの多くは、
自分のキライなところに頑なに意識を向けているために
「自分を一言で表現すると?」と問われると落ち着かなくなるか、
困惑して固まってしまいます。

人生は皆さんが探しまわるネガティブな面だけではありません。
欠点と同じだけ多くの良い面があり、
それを発見するためには目とハートをよく開き、
良く見ることを自分に許すだけです。


この手紙を書く際、両親・パートナー・兄弟姉妹・叔母さんなどに手
紙を書くのと同じように書いて下さい。
自分の何が一番好きか、最大の長所は何か・・

自分を批判・非難してきたことを認め、どうやってそれを改めるのか、
自分を励ますような文面にして、自分を裁くようなところがあってはいけません。
できる限りの感謝・共感と純粋な無条件の愛でいっぱいの手紙を書いて下さい。


最初は書きにくくて四苦八苦するかもしれません。
大変長い間皆さんは自分に厳しくしてきたのに、
どれほど自分を愛しているか、
突然詳しく書くことになったのですから。

自分の活気に満ちたエネルギーに乗ると、
手紙を書き終わった時、どんなに心が高揚しているか、
どんなに新鮮な気持ちになっているか気がつくでしょう。


また、書く時には考えすぎないで、
あれこれ考えずに、ただペンをとるかキーボードに手を乗せ、流れに任せて下さい。
手紙は長くても短くても、これでいいとあなたが思った長さでいいですよ。
多くの人たちにとって最も難しいのは、冒頭の部分です。


覚えておいて欲しいのは、
この愛の手紙は自分の目にだけ触れるということです。
誰かに読まれて気まずい思いをすることはなく、
どれほど自分を愛しているか、正直に自由に表現することを自分に許してください。

皆さんは素晴らしい。その素晴らしさを受け入れて下さい。
書く時は、自分の判断や誇張は脇に置き、真実の自分を全面に出して、
この創造的で自愛に満ちた練習をしてみてください。


書き終わったら、手紙を自分に宛てて送って下さい。
受け取ったら安全な場所に保管し、
心配事やストレスに押しつぶされそうな時、
自分が素晴らしい、愛すべき優しい人間だと
思い出す必要のある時に開封して下さい。

あるいは信頼できる人に封筒を預け、
自分の誕生日や特別な日に近くなったら郵送してもらい、
その日をさらに輝かしいものにすることも可能です。


自分の手紙を読む時は急がず、時間をかけて下さい。
使った言葉に耳を傾け、一つ一つ言葉の素敵なエネルギーを感じてみてください。
いつもよりたくさんの励ましが必要な、ストレスいっぱいの日には、
愛の手紙を必要に応じて何度も読み返して下さい。


偉大な力や才能を持つ自分という人間に感謝することを許可し、
この世の中に皆さんがもたらす多くの良いことに気付いて下さい。
手紙を読んで涙を流す人もいるでしょう。にっこりする人、
恥ずかしそうに笑う人もいるでしょう。
しかし確かなことは、
心の奥底で、自分への愛は今の自分とこれからの自分にとって
とても大切だと感じることです。


そういうことです。



私はアセンデッドマスター・エルモリヤ。ジュリー・ミラーを通じて伝えました。






現在の閲覧者数:











スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する