Menu
今朝はデトックスな日でした☆
エムケイエコの化学物質過敏症用のミストの機械をめっちゃ掃除。
久しぶりに本気できれいにした。

その後、うさの爪切り。
ちゃんと見て切ったはずなのに、血管も切ってしまった(´;ω;`)
血が。。。ちゃんと止まってよかった(><)
結構動揺している自分がいる。
ウサギの無事を見届けて、
郵便局へ用事を足しに。
動揺した気持ちのまま、その感じを保持したまま歩いた。


用事を足して、郵便局からでてきた瞬間、
「あ、」と気づいた。
これが自分にダメ出ししている感覚なのか、と。

普通の状態の時に
「自分へのダメ出しをやめよう」とかよく言われたけれど、
落とし込めないでいた。
「うさぎの爪の失敗を攻めてる感覚ってこういうものか」て思った。
あ~、胸のつっかえは「自分へのダメ出しの症状」かも。
ザワザワ、モヤモヤ。
失敗は許されない、。
いつになったら、自分のやりたいことに「ダメ出し」をやめて「始めて」よくなるんだろう?!

その許可は「自分でできる」のだ。
できないと思っていたけど、他人の置いた「決まり」でも自分で撤去できるのだ。
「他人からの決まりは撤去できない」という子供ルールがあっただけ。
「ごっこ遊びのルール」
仕事をしてから、前回の結婚時代に「間違いは絶対ダメ」な価値観を受け入れたのだと思う。
やっと~、10年くらいたってリセットになってきた??
間違えていい。
間違えることが出来るのって自由だ~。

「間違え上等」
少し、自分に戻れたと思う。


自分がウサのお世話で不安な気持ちになったんだから、
両親が第一子の私を育てる時も、いろいろと不安なことを感じたんだろうなと気づいた。
なにせ、低体重児で保育器に入りましたから。

人との間に見えない垣根があるのを、感じていた学生時代。
つい最近の気づきですが、
「保育器」に入っていたからかなーとか気づいたりして。
保育器に入っていないと不安、とか、
守られていないと怖いとか、
何を考えていたのかな、とチャンネルをあわせてみたくなりました。








現在の閲覧者数:


スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する