Menu
化学物質過敏症からプレ更年期に入りそうな感じ。
環境ホルモンは、人間のホルモンレセプターに入り込んで、
人間のホルモンがきちんと働けないようにしてしまうから。
中~軽度の過敏症になって、危うくホルモンの働きが全く阻止されるところだったわ

自分が女性性を苦手としていることを受け止めて解決しようと意識を向けた時、
身体が生理前にホルモンバランスがおかしくなってるよー、と
不調を起こして教えてくれました。
( 先月のPMSの胃もたれ )


環境ホルモンは、年々増えてきてる。
シャンプー、リンス、歯磨き粉。
何週間も香りが続く洗濯洗剤。
家の建材
食品添加物
(いつも食べているお惣菜は後ろの表示を見てますか?
気が付くと、少しづつ加物が増えているの気が付いてました?)

これらは環境ホルモンになって、エストロゲン様作用を知らず知らずのうちに引き起こしているんです。
女の子の生理が早くなっているのも、これだそう。

体の不調、自分の気が付かないうちに不調になっていて、
それが当たり前になってしまっていたり。
添加物の入っていないものを選ぶ教育もされていないから、
みんな気にせず、というか、その影響がわからないまま、体に蓄積されていく。

『続・医者も知らないホルモンバランス』で、
『女性みんなが、「その食品は買わないわ!」とオーガニックの物だけを買うようになったり、
すれば、市場のものはガラリと変わる。女性はそんな力を持っているんですよ』というようなことが書いてありました。
この書籍は、ただ単に身体だけのために書かれたものではなくて、
「傷ついてきた女性の為にも」書かれています。
女性への労りの言葉が、所々にあり、読みながら、ホッとしたり、それでよかったんだ、と思う。











現在の閲覧者数:


スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する