Menu
学生の頃、札幌のお寿司屋さんでアルバイトしていた。
懐石料理も出す落ち着いたところ。
円山・桑園地区の住宅街にあって目立たないところにある。
初夏はマロニエの花が咲いてきれいな通りになる (今もかな??)
確か昨年は雑誌『Ho!』に載っていた。
親父さんが元気そうだった。

まかないで出してくれる食事も、
はじめのうちは
「うちの味を覚えてもらう」ということで、お寿司が出てきた。
わさびがガッツリ効いて辛かったけど、
しっかりお寿司の美味しさを覚えてしまったw
お茶も美味しかった。
また、私の料理への興味の種をくすぐってくれたところ。

季節に関係なく、親父さんが
「おしるこ食べたい」とか言い出すと、
料理さんがお汁粉を作ってくれた。
「あ~、食べ物って、季節に関係なく食べたいと思った時に食べていいんだ~」と、そのとき思った。
食べ物に関して料理人さんは本当に面白い。
美味しいものしか作らないし、食べないし。
私かなり良い花嫁修業になっていたと思うw
この経験のお蔭で、今の私があると思う。
マクロビやるとかさ~、オーガニックな食材が楽しいとか、畑をやるとかも。


これ以降、他の店でお寿司を食べても
全然満足できなくなり。。。
あー、しばらくここのお寿司屋さんに顔を出してないし、
そろそろおいしいお寿司が食べたくなってきたー(☆o☆)









現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する